有料老人ホームのケアには感謝しています

夫婦で有料老人ホームに入居する形になってから2年ほど経ちますが、意外にも体の調子が良くなった気がします。
何でかというと、家での生活の時は食事の時に関しては自分たちのペースで食べることが出来なかったのです。
当然年をとると老人の場合、食事をするのにも良くかんで食べるようになりますので時間がかかるようになります。
時間をかけて食べたいけど、他の家族の人たちの後片付けといった手間などを考えると途中でやめてしまうということが続いていたのです。
老人には老人のペースの生活が必要だと思い、夫婦で有料老人ホームへの入居を決めたのですが、今では生活にすっかり慣れて意外かもしれませんが体調面も良くなってきている気がします。
まず、一番変わったのが食事です。
食事に関しては時間がかかっても構わない。
なのでゆっくり時間をかけて食べてくださいという方針だったので、遠慮なく時間をかけて食べるようにしてみました。
すると食べる量が増えたからでしょうか。
体重も増え、健康診断でも良い状態で風邪もひきにくくなったような変化があります。
食事から栄養を摂るということが必要と介護のスタッフさんは話していたけどそれは本当だったなと思っています。
正直なところ家での生活じゃないし、家族とも離れての生活なのでその点は寂しい名とは思いますが、自分たちの体力ペースで生活を出来る有料老人ホームの対応にはいつも感謝しています。
これからも二人で健康に生活出来たらいいなと考えています。